あきたの酒

秋田県の日本酒は明治時代に入って生産量が徐々に増え、灘、新潟に次ぐ生産量を誇るようになりました。灘と違い水質が軟水であるため低温長期熟成という製法が一般的で、甘口でこくのある酒質が特徴と言われてきました。戦後の過渡期を経て、県醸造試験場によって開発された酵母AK-1すなわち「秋田流花酵母」が非常に高く評価され、全国的に秋田の酒が再評価されるようになりました。また「吟の精」などの独自の酒造好適米も開発され、秋田県独自の酒造りが進んでいます。

【参考リンク】
秋田県酒造協同組合
財団法人秋田県物産振興会(インターネット通販も可能)
秋田県総合食品研究所